カナのなんでもブログ

徒然なるままに。完全趣味のブログです。

「魔法少女まどか☆マギカ」に学ぶ、自分の存在意義(レーゾンデートル)

大切な友人に、勧められて、

観て、言葉で、残したくなった。

 

例によって、ネタバレにはならないよう、

言葉を残しておく。

 

アニメは、全12話。

 

作中を通じて、

私が一番衝撃的だった台詞は、

「君たちの世界では、成長段階の女子を、

少女と言うんだろう?なら…」

という一言。

 

 

「僕と契約して、魔法少女になってよ!」

という、白い猫のようなキャラ、

キュウべえの台詞は、アニメを観たことすらない私でも知っていた。

 

作中では、キュウべえと契約し、

魔法少女になるのは、5人の少女達。

 

 

家族に愛されて育った、まどか。

 

まどかの友達である、さやか。

 

まどか、さやかの一学年上の先輩である、マミ。

 

徹頭徹尾自分のために力を使う、

と宣言して憚らない、京子。

 

そして、孤高の転校生、ほむら。

 

 

魔法少女は、みな、素質がある、と選ばれた、

キュウべえに契約を持ちかけられる。

 

魔女を退治し続ける代わりに、なんでも一つ、願いを叶えるという、契約。

 

 

言い換えれば、

たった一つの願いと引き換えに、一生、命懸けで戦い続けなければならない、という契約。

 

同じ魔法少女以外には、決して気づかれない、孤独な戦い。

戦いで命を落としても、誰にも、気づかれない。

同じ、魔法少女、以外には。

 

 

1人は、その孤独に耐えられず、孤独を乗り越えたと喜んだ瞬間、

 

1人は、自分の好きな人のために願いを使い、その人に人間として触れられない身体となってしまったこと、背負ったものの重さに潰れ、

 

1人は、自分の有り様に悩み、他の魔法少女に影響を受けた結果、

 

 

可愛らしい作画やキャラを、

裏切る、に近いストーリー。

 

 

限りなく続く因果の輪。人間の業。

 

 

何でも一つ、奇跡を起こす代わりに、

 

あなたは、

 

魔法少女に、

 

なりますか。

https://hb.afl.rakuten.co.jp/hgc/16ee94f6.d9077e70.16ee94f7.3230fa6b/_RTblog10000033?pc=http%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2F2r-shop%2F10000043%2F&m=http%3A%2F%2Fm.rakuten.co.jp%2F2r-shop%2Fi%2F10000043%2F